太りやすい時間、太りにくい時間、というのがあるらしいです。

太りやすい時間というのは、その間に沢山食事をすると脂肪として蓄積されやすい時間のことのようですよ。

榛葉繁紀准教授がマウスを使った実験で明らかになったのは、深夜の2時あたりがその「食べると太る」時間にあたるそう。

逆が昼間の時間帯で、食べても太りにくい時間、脂肪になりにくい時間、ということですね。

たしかに、朝~昼は人間の活動が活発な時間であり、食べたものは即エネルギーに変えてもらわないと、私達はエネルギー切れして働くのがシンドクなりますよね。

なので、昼間は食べても太りにくい。脂肪に変えるよりは、エネルギーに変える。というのは道理にかなっているといえるでしょう。

残念ながら、日本では朝ごはんを抜いて仕事や学校にいく人たちが増えているそうですが、ダイエット面からも、バリバリ効率よく働く、という点からしても、非常にモッタイナイ話ではないでしょうか。

あなたも是非、朝シッカリ食べて出勤してくださいね。

あと、私が知っている範囲ですが、やはり夜に集中して食べるパターンを繰り返すと、ダイエットがなかなかうまくいかないようです。 また、脂肪やセルライトについての悩みがある場合、食事が「夜型」の人が多いように思います。

参照: 脂肪&体脂肪を減らす方法


 食べても太らないシリーズ 

  • 食べてやせる、5つの大きな理由 
  • 過食症を治す:過食が過食を生む
  • 太らない食べ物・食べ方
  • ギャル曽根、痩せの大食いの謎
  • 褐色脂肪細胞を増やす:これが多いと痩せる
  • むくみの原因を退治し、代謝アップ!


  • 痩せた、太った耳より情報記事一覧

    太りやすい時間がある

    太りやすい時間、太りにくい時間、というのがあるらしいです。太りやすい時間というのは、その間に沢山食事をすると脂肪として蓄積されやすい時間のことのようですよ。榛葉繁紀...